女性の象徴

しわをとる

従来は、乳がんと診断された場合は再発や転移を防ぐために乳房の全摘出が一般的でした。 しかし、近年では医療技術の進歩や乳がん検診の普及で、早期の乳がんであれば多くの場合は、乳房の温存が可能となっています。 とはいえ、症状が進んでいる場合や局所再発の恐れがある場合は、現在でも乳房を摘出しなければならないこともあるため、乳房再建手術も盛んに行われるようになっています。 乳房は女性の象徴とも言うべき部位で、乳房を失う精神的ショックは計り知れないものがあります。 従来、乳房再建に関しては、乳がんの手術において皮膚が足りない場合や機能障害が認められた場合にしか保険が適用となりませんでしたが、現在では美容目的であっても保険が適用されるようになっています。

現在ではがんの早期発見、早期治療を目指すために国の政策として乳がん検診の無料クーポンを配布するなどの取り組みが行われています。 特に女性の場合は乳がんの発症率が高く、若い世代の発症者も増加傾向にあります。 現在では乳房の温存できる可能性も高くなりましたが、それでも乳房の形が変わってしまったり、左右のバランスが悪くなる場合もあります。 乳房再建の手術に関してはも、自分の皮膚や皮下脂肪などを移植する方法や、人工の乳房を作る方法などいくつかの方法がありますが、最近ではより自然な乳房に見えるような技術が用いられています。 現在では乳房再建手術も健康保険の対象となり、費用の負担も少なくなったため、今後も再建を望む女性が増えることが予測されます。