専用の施術

治療後

顔にできたシミは、皮膚科にて治療を受けることで消すことができます。 周りの皮膚とは違う色素をもった部分に、黒い色にのみ反応する特殊なレーザーを当てることで、組織を破壊する方法です。 その特徴ゆえ、気になるところだけピンポイントでシミ取りできるのが魅力です。 熱が加わりますので赤く腫れることや、人によってはかさぶたができる場合がありますが、それらは次第に治まっていきます。 施術の時間もあまりかからず、レーザーを照射したあともそこを保護するテープを貼ればメイクも可能ですので、日常に支障が出ることはありません。 顔のシミの状態にもよりますが、たいていは満足できるようになるまでには何回か同じシミ取りを繰り返し受けることになります。

顔のシミ取り治療は、どんな症状でも簡単に消すことができます。 シミにはいくつかの種類があるため、その状態を見極めて適切な施術を行う必要がありますが、シミができる前のような肌を取り戻せるのです。 そんな顔のシミ取り治療を受けようとする理由は、周りの皮膚との色が違うせいで目立ってしまうことにあります。 1度意識すると、その後もずっと気になってしまい、スキンケアを行ったり化粧で隠したりするようになります。 また、過剰なメラニンや女性ホルモンが関係しているため、日ごとに症状がひどくなり、どんどん濃くなるケースもあります。 美容の面から考えて、そのようなシミを他人に見られるのが恥ずかしいと感じて、シミ取り治療を受けることになるのです。